大原の松露饅頭の外皮は厳選された卵・小麦粉・グラニュー糖からなるカステラ生地です。一度に20個焼ける銅型の穴に生地を流し込み、その上に北海道産の小豆を練って丸めたこし餡を乗せ、回転させながら焼き上げます。20個焼けるのに大体5分、遅ければ固くなるし、早ければ生焼けになる…そこが職人技の見せ所です。