大原松露饅頭

<松露饅頭の由来>
佐賀県の唐津。大陸の文化と日本を結ぶ交易の門戸として栄えた港町。
豊臣秀吉が、朝鮮出兵(文禄の役)後、高麗から陶器と一緒に渡ってきた文化の中に焼饅頭がありました。
その後、江戸後期になり当家の先祖、阿わび屋惣兵衛が焼饅頭に創意工夫をこらし、時の藩主小笠原侯に献上したところ、当地の虹の松原(日本三大松原のひとつ)に、四、五月頃、松の根元の砂から自生する、球状の松露(キノコの一種)のコロコロとつぶらな姿に似ていることから「松露饅頭」とつけられました。
手焼きならではの風雅な趣きと心なごむまろやかな味わいが、昔も今も喜ばれております。



松露饅頭の製造
唐津を代表する銘菓「松露饅頭」
彩りゆたかな大原老舗の和菓子
季節限定の商品のご紹介



かすてぃら・抹茶かすてぃら
南蛮渡来の風味 
大原老舗のかすてぃら、抹茶かすてぃらは
いかがでしょうか!




大原老舗 唐津本店
唐津・佐賀・福岡の各店舗をご紹介します。



唐津市内はもとより佐賀・福岡の売店、
全国の百貨店で販売しております。



出張して実際に饅頭を焼きながら販売しております。



松露饅頭に関して、よくあるご質問とその回答をまとめてみました。



唐津市の市政・イベント・観光等をご紹介しております。




ooharashouroをフォローしましょう


大原松露饅頭
http://badge.facebook.com/badge/100002587562460.32.1072024526.png
バナーを作成


Copyright© 2003 oohararoho All rights reserved